風邪や病気などで発熱してしまったとき、薬を飲む方や、消化のよい食べ物を食べる方もいるでしょう。 そんなとき我が家では、「とにかく汗をかく」という独特の対処法で熱を下げていました。 この独特の対処法のきっかけは、小学生だった私が、風邪で発熱してしまったとき、母親に言われたアドバイスでした。

少年時代、健康に人一倍気を遣っていた私でも、風邪などで発熱してしまったことがありました。 そんなとき、「熱が出たときには、とにかく布団の中でたくさん汗をかきなさい!」と母親に言われました。 汗をたくさんかいて、熱を体の外に出してしまうことが目的でした。 母親からその言葉を聞いて以来、発熱などで苦しんだときに私は、とにかくたくさん汗をかくことを意識するようになりました。 インフルエンザを発症したときも、布団の中でたくさん汗をかいたおかげなのか、私はたった1日で治すことができました。

これから先の人生でも私は、たくさん汗をかいて、健康に過ごしていきたいです。ネオマネー 使える国