昨日は、小学一年生の娘の、参観日でした。
席替えをして、一番前の席から、一番後ろの席に移動していました。隣の子は、元気な男の子です。
参観日の授業は国語で、おむすびころりんです。
まず、みんなで教科書を大きな声で読みます。みんな、本当に元気よく、口を大きく開けて、大きな声で読んでいて、とっても可愛かったです。
その後は、ひとりずつ前に出て、文章を読んだ感想を発表します。みんな、それぞれ色々な感想がありましたが、「おむすびが、ころころ転がるのが面白かったです」と「おじいさんが、穴に落ちるところが面白かったです」という感想を述べている子が多かったと思います。
娘も、「おむすびが転がるところが面白かったです」と元気に発表していました。
一年生を見ていると、まだまだ幼稚園児のように見えてしまって、可愛さがあふれていて、見ていてとても微笑ましかったです。小さいのに、授業をしっかり聞いている姿勢が素晴らしいなと感じました。