近くに住む恋人のママが急にレクリエーションに来てくれました。位でもお互いに忙しく随分会えないのですが、ちらほら時間ができると声を掛けてくれます。そのおおみやげにバラの花を持ってきてくれたのです。オレンジ彩りのいとも意欲が出そうなバラでした。「いただいた物質なんだけど、俺は花より団子だから」とママは笑っていましたが、俺はいとも嬉しかったです。お花はオススメスポットでいつも花瓶にさしておきたいと思っているのですが、結構買えないからだ。さくっと花瓶に生けて、実に幸せになりました。俺が訪問したときに、ついついかわゆい瓶に入ったお酒を見つけました。恋人の父がお酒を呑むので、何かのときに渡そうと買っておいたのです。それを渡しました。するとママはだいぶ喜んでくれました。訪問したときにも父のことを気にかけてくれていたことが嬉しいと言ってくれました。額で言うと単なるものですが、さりげない贈り物はこれほどまでにビジョンを穏やかにしてくれるのかとじみじみ感じた体験でした。ミュゼ 腕